1.特別講演

年2回(5月、11月)の総会に併せて、科学技術における各分野の最前線で活躍されている研究者等をお招きして講演会を開催しています。


(過去の開催状況)

○令和3年5月24日(月)

特別講演

山梨大学大学院総合研究部附属ワイン科学研究センター長 奥田 徹 氏

「科学で日本ワインの品質を上げる」
講師紹介( PDF 55KB)


○令和元年11月25日(月)

特別講演

東京理科大学栄誉教授 藤嶋昭 氏
「研究を楽しむ―光触媒を例にして―」

講演概要( PDF 69KB)


○令和元年5月27日(月)

特別講演

山梨県立図書館 館長 金田一 秀穂 氏
 「ことばの科学」

講師紹介( PDF 51KB)


○平成30年11月17日(土)

特別講演

 京都大学名誉教授 今中 忠行 氏
 「生物的及び化学的エネルギー生産」

講演概要( PDF 9KB)


○平成30年5月28日(月)

特別講演

 MOIHO MUSEUM館長 熊倉 功夫 氏
 「ユネスコの無形文化遺産に登録された和食の心とかたち」

講演概要( PDF 91KB)


○平成29年11月27日(月)

特別講演

 広島大学大学院理学研究科 教授 山本 卓 氏
 「ゲノム編集の様々な分野での可能性」

講演概要( PDF 96KB)


○平成29年5月29日(月)

特別講演

 山梨県立図書館館長 阿刀田 高 氏
 「知的創造の作法」

講演概要( PDF 9KB)


○平成28年11月28日(月)

特別講演

 2000年ノーベル化学賞受賞 筑波大学 名誉教授 白川 英樹 氏
 「母国語で学ぶ自然科学」

講演概要( PDF 4KB)


○平成28年5月30日(月)

特別講演

 公益社団法人山梨科学アカデミー名誉会長 北里大学特別栄誉教授 大村 智 氏
 「エバーメクチン物語」

講演概要( PDF 4KB)


○平成27年11月30日(月)

特別講演

 東京大学 東洋文化研究所 教授 羽田 正 氏
 「『イスラーム世界』とイスラーム教」

講演概要( PDF 4KB)


○平成27年5月29日(金)

創立20周年記念講演

 京都大学名誉教授・元総長 公益財団法人先端医療振興財団理事長 井村 裕夫 氏
 「未来の医学−精密医療と先制医療をめぐって−」

講演概要( PDF 7KB)


○平成26年12月1日(月)

 東京大学名誉教授、慶應義塾大学特任教授 樋口 広芳 氏
 「鳥の渡りと地球環境の保全」

講演概要( PDF 34KB)


○平成25年5月27日(月)

 東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構 機構長 武内 和彦 氏
 「自然共生社会とグリーン経済の展望−持続可能な地域づくりを目指して−」

講演概要( PDF 5KB)


○平成24年11月26日(月)

 YRP ユビキタス・ネットワーキング研究所長 TRON プロジェクト リーダー 東京大学大学院 情報学環 教授 坂村 健 氏
 「これからの日本を支える技術と制度」

講演概要( PDF 98KB)


○平成24年5月28日(月)

 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 特任教授 半田 宏 氏
 「サリドマイド催奇性の謎を解く」

講演概要( PDF 60KB)


○平成23年11月28日(月)

 埼玉大学名誉教授・大阪芸術大学教授・NPO日本アンリ・ファーブル会理事長 奥本大三郎 氏
 「風土と虫と人の文明」

講演概要( PDF 36KB)


○平成23年5月30日(月)

 埼玉医科大学ゲノム医学研究センター客員教授・日本学士院会員 須田立雄 氏
 「生物の進化と老化の観点から見た骨 Bone in the evolution and aging of life」

講演概要( PDF 115KB)


○平成22年11月26日(金)

 独立行政法人国立美術館理事長、国立西洋美術館長・日本学士院会員 青柳正規 氏
 「ローマの平和と日本の繁栄 −Pax Romana et Pax Nipponica」

講演概要( PDF 44KB)


○平成22年5月24日(月)

 東北大学総長・日本学士院会員 井上明久氏
 「バルク金属ガラスの開発と応用」

講演概要( PDF 185KB)


○平成21年11月24日(火)

 北海道大学大学院獣医学研究科教授・日本学士院会員 喜田宏氏
 「鳥、ブタ、そしてパンデミックインフルエンザ −ウイルスの生態を知り、対策に活かす−」

講演概要( PDF 7KB)

○平成21年5月25日(月)

 元農林水産省農林水産技術会議事務局長・総合科学技術会議基本政策専門調査会委員 貝沼圭二氏
 「激動する世界の食料事情の中で日本の食と農を考える」

講演概要( PDF 5KB)

○平成20年11月25日(火)

 元東京大学・日本大学教授 大山正氏
 「色の感覚とその心理的効果 − 色は人の心に訴える」

講演概要( PDF 5KB)

○平成20年5月26日(月)ベルクラシック甲府

 京都大学再生医科学研究所助教 中川誠人氏
 「iPS細胞がつくる新しい医学」

講演概要( PDF 5KB)

○平成19年11月26日(月) ベルクラシック甲府

 東北大学大学院医学系研究科教授 片桐秀樹氏
 「Metabolic Information Highway〜糖尿病・メタボリックシンドローム研究の新展開」

講演概要( PDF 79KB)

○平成19年5月28日(月) ベルクラシック甲府

 東京工業大学大学院教授 斎藤彬夫氏
  「過冷却凝固現象とその制御」

講演概要( PDF 76KB)

○平成18年11月27日(月) ベルクラシック甲府

 東京農工大学大学院助教授 古林賢恒氏
  「森林生態系サービスを持続・発展させる森林づくりとニホンジカ問題」

講演概要( PDF 11KB)

○平成18年5月29日(月) ベルクラシック甲府

 東京工業大学大学院教授 田中順三氏
  「再生医療に使われる生体材料―骨・神経・靱帯を再生する―」

講演概要( PDF 9KB)

○平成17年11月21日(月) 甲府富士屋ホテル

 東京大学教授・日本学士院会員 廣川信隆氏
  「細胞の動きを観る−ミクロの解剖学から体全体へ−」

講演概要( PDF 28KB)

○平成17年5月23日(月) ホテル紫玉苑

 筑波大学名誉教授 村上和雄氏
  「笑いや感動が遺伝子をオンにする」

講演概要( PDF 9KB)

2.未来の科学者訪問セミナー

 本県ゆかりの研究者等が、県内の小学校、中学校、高校を訪問し、科学や技術についてわかりやすく語るセミナーを開催しています(平成20年度までは毎年20校、平成21年度からは毎年30校で開催)。

令和2年度実施状況

  令和2年度実施状況 ( PDF 100KB)

3.夢・ときめきサイエンスラボ

  科学に対する関心と理解力向上を喚起するため、日頃何気なく接している科学や技術について、発見の楽しさや不思議さを感じさせる体験型の科学実験教室を開催しています。

 令和2年度の夢・ときめきサイエンスラボは、県内2校の中学校において、山梨大学生命環境学部 准教授の島崎洋一先生を講師に開催されました。

 第1回は、令和2年12月9日に北杜市立泉中学校で2年生41人が参加する中、「いろいろな発電」と「超スマート社会の期待と不安」をテーマに、自転車発電等の体験学習や動画視聴を交えて行われました。

 生徒からは、「どの発電方法にもメリット・デメリットがあるのでバランスが大切だと分かった」「ロボットやAIを活用することで人間以上のことができて便利だと感じた」「人間の職が奪われてしまうため、超スマート社会は人間優先で考えるべきだと思った」等の感想が聞かれました。

  

 第2回は、令和2年12月17日に小菅村立小菅中学校で1年生から3年生14人が参加する中、「発電方法と未来技術」をテーマに、体験学習や動画視聴を交えて行われました。

 生徒からは、「あまり目にすることのない火力発電や水力発電の仕組みを実際に見て学ぶことができてよかった」「小菅村と照らし合わせて未来技術を考えることができた。未来がどうなるか楽しみになった」等の感想が聞かれました。